院長紹介・ご挨拶 | ひとりでも多くの方に母となる喜びを感じていただけるようにできるだけ負担のないサポートを心がけます

院長 加来 翔志

ご挨拶

はじめまして。 ひらかたARTクリニック 院長の加来翔志と申します。ひらかたARTクリニックのホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

私は長年、大学病院及び関連病院にて産科及び婦人科内視鏡手術に携わり、その後体外受精チームリーダーとして数多くの難治性不妊症の治療を経験してまいりました。その経験を生かして当クリニックの患者様方に満足のいく不妊治療医を提供させていただこうと思います。2020年より縁あって天の川レディースクリニックとグループ統合し、本年より「ひらかたARTクリニック」院長に就任しました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

当クリニックは、タイミング治療、人工授精などの一般不妊治療から体外受精・顕微授精・胚移植などの高度生殖医療を行う不妊治療専門クリニックで、日本生殖学会の生殖医療専門医認定研修施設の指定を受けております。また、本年度より女性医師による女性ヘルスケアを中心とした婦人科・思春期外来も増設しております。

 

天の川レディースクリニックとの医療統合における患者様方のメリットとしまして、両クリニック医師・胚培養士で定期的に体外受精臨床カンファレンスを行い、患者様方個々の治療方針を検討しており、昨年度の治療成績は、年齢別の妊娠率で全国平均を大きく上回っております。また通常診療でも、患者様方の情報共有ができるため、患者様の地理的・時間的な都合などにあわせて、どちらのクリニックでも診療が可能です。

看護・カウンセラースタッフは、両クリニックを担当制で勤務し統一した看護・カウンセラー対応を実践しております。カウンセリングは専門資格を持つ不妊カウンセラーが無料で実施しております。不妊治療に関する様々な悩みや高度生殖医療についてご相談を希望される患者様は、当クリニック受診前でもカウンセリングを受けることが可能です。

さらに、昨今不妊原因の半分以上を占めるようになった男性不妊におきましては、天の川レディースクリニックにおいて専門資格を持った泌尿器科医師の男性不妊専門外来を隔週土曜日で受診していただくことが可能です。

 

不妊治療を続ける患者様が最もお悩みになる1つは、体外受精などの高度生殖医療が自費診療で費用が高額になることだと思います。我々の医療グループ理念として、1人でも多くの患者様に赤ちゃんを抱いていただく喜びを味わっていただくため、現在自費診療となっている体外受精などの高度生殖医療をできるだけ負担の少ない価格で提供しております。また「特定不妊治療費用補助金交付事業」の交付金指定医療機関になっておりますのでご利用ください。

また、通院中や妊娠成立後に患者様の不安を軽減する目的で、当クリニック診療時間外でも、近隣産科施設及び総合病院と密に連絡を取って対応させていただきますのでご安心ください。

今後とも天の川レディースクリニックと協力して、枚方・交野を中心とした北河内地区の不妊治療に貢献させていただく所存でございます。

そして、来るべきおふたりの笑顔のために、あらゆる面でできる限りの努力をしたいと考えています。ぜひ不妊でお悩みの方は、当クリニックにお越しください。

 

院長略歴

1975年大阪生まれ。大阪府立天王寺高校卒業後、滋賀医科大学医学部医学科入学し平成13年に医師免許取得。滋賀医科大学産婦人科教室に入局後、大阪や東京の総合病院で勤務し、平成20年に滋賀医科大学病院婦人科病棟医長、平成25年に産科病棟医長を歴任。博士号を取得後、平成30年より滋賀医科大学産婦人科学内講師、平成31年より滋賀医科大学産婦人科医局長に就任。医師になって20年間の大半を大学病院での診療に従事し、多数の難治不妊症例の治療に当たる。生殖医療専門医と同時に内視鏡技術認定医でもあり、学会活動にも積極的に参加し論文も多数発表。

乳癌患者における妊孕性温存に関する論文で、2020年近畿産科婦人科学会において最優秀賞にあたる学術奨励賞を受賞。

 

資格

・医学博士

・日本生殖医学会 生殖医療専門医

・日本産科婦人科学会 専門医

・日本産科婦人科学会 指導医

・日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医

・日本臨床細胞学会 細胞診専門医

・日本母体保護法 指定医

所属学会

・日本生殖医学会

・日本産科婦人科学会

・日本受精着床学会

・日本IVF学会

・日本産科婦人科内視鏡学会

・日本臨床細胞学会