限度額適用認定証とは・・・? |医療法人天の川レディースクリニックひらかた院

限度額適用認定証とは・・・?

日に日に空気が秋めいて朝晩に感じる風が心地よくなり、少しずつ過ごしやすくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、「限度額適用認定証」について院内掲示などでお知らせしておりますが、改めてご案内させていただきたいと思います。

・「限度額適用認定証」・・・高額な医療費がかかりそうな場合、あらかじめ申請しておくと窓口支払いが自己負担額のみで済みます

2022年4月より体外受精や顕微授精の生殖補助医療も保険適用となりました。

保険適用となりましても、医療費が高額になる可能性がございますので、生殖補助医療の治療を検討されている方は、事前に「限度額適用認定証」の申請をお勧めいたします。(※上限額は所得によって異なります。先進医療の自費診療は対象外となります。)

「限度額適用認定証」の申請は保険証に記載されている保険者へ申請して下さい。有効期間は、申請した月から最長1年間です。発行までに日数がかかる場合がありますので、余裕をもってお手続きをお願いいたします。

交付された「限度額適用認定証」を当院の受付に提示することで、保険適用内の医療費(ひと月、月の初めから終わりまで)の支払いを、限度額までにすることができます。

 当院では「限度額適用認定証」の適用は提出月からとさせていただいております。また、月初めに保険証と合わせて「限度額適用認定証」も確認いたしますので、ご提示くださいませ。

手続きが間に合わなかった場合は・・・

・高額療養費制度・・・医療費の自己負担額が高額になり、限度額を超えた場合に後で金額が払い戻される制度です

ご自身で、こちらの制度のお手続きをお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、お気軽に受付スタッフまでお声がけください。

まだまだ、残暑が厳しい折、どうぞ皆さま体調に気をつけてお過ごしくださいませ。

 

その他のコラム

日本生殖医学会学術講演会に参加しました

だんだんと寒さも厳しくなり、外にでるのも控えたくなるような日が続くようになってきましたね。冬の季節は乾燥しやすく、新型コロナだけでなく風邪やインフルエンザも流行しますので、マスクや手洗いもしっかりと行いましょう。 11月の中旬ごろに開催された日本生殖医学会学術講演会に参加してまいりました。最近の学会はコロナ禍の影響で現地開催だけでなく、オンラインでも配信されるようになっております。今回の学会では加来院長も発表されました。...

院長の論文の紹介です。

院長の加来です。本日は私の論文についてご紹介させていただきます。 受精卵を子宮に移植する際、移植する子宮内膜に炎症(慢性子宮内膜炎)があれば妊娠率が低下することが知られています。したがって移植前に慢性子宮内膜炎の有無を調査し、炎症がある場合は治療を行ってから受精卵を移植することが一般的です。 慢性子宮内膜炎を治療しなかった場合、妊娠した場合の流産率にも差がある可能性を示唆した論文です。英語ですがご興味のある方はインターネッ...

限度額適用認定証とは・・・?

日に日に空気が秋めいて朝晩に感じる風が心地よくなり、少しずつ過ごしやすくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  今回は、「限度額適用認定証」について院内掲示などでお知らせしておりますが、改めてご案内させていただきたいと思います。 ・「限度額適用認定証」・・・高額な医療費がかかりそうな場合、あらかじめ申請しておくと窓口支払いが自己負担額のみで済みます 2022年4月より体外受精や顕微授精の生殖補助医...

もうすぐ梅雨明けですね

雨が長々と続き、梅雨の終わりを知らせるような天候が続きましたね。 長かった梅雨も今週中にはあける予報になっています。雨が降らなくなり、体調不良に陥ることや洗濯物が乾かないといったような悩みが解消されるのはうれしいのですが、今年も最高気温が30度を超える真夏日が続くようで想像するだけで少し顔をしかめてしまいそうです(笑) 今年は昨年と同様、コロナ渦で迎える夏ということで感染対策と熱中症対策を両立させながら乗り越える夏とな...

紅葉が美しい季節になりましたね。

最近、日中は暖かい日があるものの、朝晩は肌寒くなって来ました。 クリニックの前に桜並木があるのですが、今の時期は赤く綺麗に色づいてきています。 昨年は、紅葉もお花見も自粛していましたので、コロナ新規感染者も減りつつあるようなので、今年こそ、万全の対策をして紅葉を見に行きたいものです。 クリニックのある枚方市は、大阪にも京都にも近く様々な紅葉の名所にアクセスできます。 今回は、私のお気に入りの紅葉スポット...