ご挨拶

医療法人成育会
ひらかたARTクリニック院長

粟田 松一郎
(あわた しょういちろう)

ここ20-30年の間に不妊治療の技術は飛躍的な発展を遂げました。昔なら妊娠が不可能と思われたご夫婦にも、新しい生命が誕生する時代が訪れました。

そして、『不妊症であれば、子供がほしければ、体外受精まで受けるのが当たり前』であるかのような風潮も表われる様になりました。ご夫婦により仕事との両立など諸事情が絡み不妊治療に対する考え方は異なりますが、その経済的負担は治療を受ける患者さん方にとって共通する不安であります。当院では患者さんの負担を少しでも軽減し、より多くの方々に治療を受けて頂くことを目的とした料金設定をしております。

不妊治療専門施設の中には毎回診察の医師が変わったり、流れ作業のような診療が続き『一人の人間として扱われている気がしない』と感じる患者さんもいます。

当院ては、患者さんの意向を尊重したうえで、専門医としての知識と経験に基づいて個別に治療に対するアドバイスを行っていきます。体外受精の方向を安易に選択するのではなく、タイミング法・人工授精法などによる治療方法も積極的に提供します。いかなる治療方法であっても、より多くの患者さんがより早く妊娠し、幸せになることが私たちスタッフにとって大きな喜びであると、信じております。

過去には、不妊の原因は女性の側にあると考えられた時代もありました。しかし実際には男性の側に原因があることもしばしばです。今や無精子症でも不妊治療が可能な時代になりました。不妊症の原因はさまざまですが、治療の中心は女性になりますので、肉体的・精神的ストレスは大きく、辛い診療のために何度も通院しなければなりません。年齢のこともあり、常に後ろから追われているような気持を感じておられる女性も多いのではないでしょうか。

ご主人様には、そのような奥様の事情を理解して、いたわり、寄り添っていただきたいと思っています。不妊治療のことについてお互い話し合われる際にも、奥様のご要望に対して耳を傾け、極力それを受け入れていただければ幸いです。一日も早く、お二人の間に新しい命が育まれますようお祈りいたしております。

 

PAGE TOP